ココナラの出品方法【流れをわかりやすく解説】一緒に出品作業ができる

ココナラの出品方法の流れをわかりやすく解説。

こんにちは、ともです。

「ココナラで出品しようと思ったけど、どうしたらいいの?」とお困りではないでしょうか?

本記事では、初めての人でもわかりやすいように、出品方法を画像付きでかんたんに解説しています。

とも

\この記事がおすすめの人/
・ココナラの登録が完了した人
・初めて出品しようと思っている人
・サービスがなかなか売れない人

まだ登録していない人は、以下の記事が参考になります。

目次

ココナラでサービスを出品する方法

とも

今回は、「バナー制作」を出品してみたいと思います!

※カテゴリごとに設定項目が違うので、注意が必要です!

トップページから「出品する」をクリックします。

サービスの出品方法を選択

【いずれかを選択】

・通常サービス

・電話相談サービス

・ビデオチャットサービス

バナーのような制作物を納品する場合は「通常サービス」を選択します。

カテゴリ

左の項目は「Webサイト制作・Webデザイン」

右の項目は「バナー・ヘッダーデザイン」

を選択します。

カテゴリを間違えると、サービスが売れない場合があるので注意してください。

とも

注意事項は目を通しましょう。

サービスタイトル

サービスタイトルは、以下の点に注意して記入してください。

・何のサービスなのか

・どんな特徴があるか

・購入者に伝わるように、わかりやすく

・語尾は固定で「ます」になる

例)

「反応が取れるバナー制作します!」

「プロのデザイナーが大人可愛いバナー制作します!」

とも

語尾は「ます」になるので、つながりに注意です。

タイトル補足説明(キャッチコピー)

タイトルの下に記載されます。以下のポイントを元に購入者に響く説明を考えましょう。

サービス内容

サービス内容のポイントは、次の5つです。

・サービスの内容は具体的に

・誰に向けたサービスか

・購入した際のメリット

・他の出品者との違い

・実績をアピール

とも

「極端に短い」のはNGです。

サービス価格

最低サービス価格は「カテゴリごと」に変わります。

バナー制作の場合は、1,500円から出品可能です。

【注意点】

相場を必ず確認すること

他の出品者がどの価格で出品しているかを確認してから、自分のサービス価格を設定しましょう。

実績がないのに相場より高い価格を設定しても、誰も購入してくれません。

とも

実績が増えてきたら単価を上げましょう!

基本内容

出品者側が用意する場合はチェックを入れましょう。

とも

基本的に文章は「購入者」に用意してもらうことが多いです。

無料修正回数

無料修正回数は、以下の12パターンから選択可能です。

・無料修正なし

・1回、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回、9回、10回のいずれか

・無制限

注意点としては、「無制限」は避けた方がいいです。

とも

10回以上修正したという話も聞きます…

実績のない頃は仕方ないかもしれませんが、少しでも実績が積めたら、「2回か3回」にしておいた方が安心です。

なお、「無料修正なし」は、購入のハードルを上げてしまうので避けましょう。

ラフ提案数

「ラフ」とは、

完成前に制作物の方向性やイメージなどをお客様と共有するために提出するもの

ラフ提案数は、「1案」にするのがおすすめです。

先にイメージ共有していると、修正が断然少ないからです。

スタイル

スタイルは1つのみ選択可能です。

「フリースタイル」で問題ありません。

用途

用途は最大5つ選択が可能です。

購入者をイメージして選択してください。

とも

掲載以外の依頼もあるので、「その他」は選択しておきましょう。

業種

業種は最大3つ選択が可能です。

用途と同様に購入者をイメージして選択してください。

ファイル形式

ファイル形式は、すべて選択は可能ですが、実務では以下でお願いされることが多いです。

・JPG

・PNG

・PDF

たまに「PSD(フォトショップのデータ)」や「AI(イラストレーターのデータ)」でお願いされることがあります。

予想お届け日数

予想お届け日数は、もちろん「早ければ早いほどいい」ですが、

依頼が重なった場合のことを考えて、何日か余裕を持たせましょう。

心理的なテクニックですが、相手の予想よりも早めに納品できれば、期待値を上回ることができ、満足度が高くなります。

とも

「2〜3日」で納品できたらいいですね。

一度に受注可能な件数

一度に受注可能な件数は、その人によって変わりますが、少し余裕を持たせておくことが大事です。

なぜなら、設定した件数に達すると「自動で受付休止」になってしまうからです。

とも

「依頼が来ないな〜」と思ったら、受付休止になっていたことがあります。

もうこれ以上は受けられない状態になった場合、「受付を休止する」ことができます。

有料オプション

有料オプションは、10件設定可能です。

例)

・2パターン納品「1000円」

・追加修正1回「500円」

・納品データ提供「1000円」

とも

オプションの設定次第で、お得感を出せます!

購入にあたってのお願い

購入にあたってのお願いを記入するのですが、ここの設定次第で、購入後のやり取りがスムーズになります。

具体的な確認事項をテンプレートにして、購入時に答えてもらうようにします。

例)

・下記の内容を教えてください(コピペしてください)

①バナーの目的(集客、購入、メルマガ登録など)

②ターゲット(30代男性、40代主婦など)

③既存バナーの有無(あればご提供お願いいたします)

④使用する写真やロゴ、イラストの有無

⑤文章(なければ有料オプションで対応可能です)

⑥参考サイトURL、参考にしたいバナーのスクショなど

⑦その他

他の使い方としては、「注意事項」「確認事項」を入れたりします。

例)

・デザインのみのサービスです。コーディングは含まれません。

・完成物はポートフォリオに掲載させていただく場合がございます。

・取引完了後の修正、返金はできかねます。

・制作開始後のキャンセルはお控えください。

・制作中1週間以上ご連絡が取れない場合、取引終了とさせていただきます。

とも

トラブルを避けるためにも必要ですね!

よくある質問

よくある質問は最大で7件追加できます。

購入時の不安がなくなる内容がいいです。

例)

Q1:納期は何日?

A1:納期は3日いただいております。お急ぎの場合は対応させていただきますので、ご相談ください。

Q2:イメージと違ったらどうしよう

A2:事前にイメージの共有のため、ラフ案を提出させていただきます。

画像・動画

画像と動画はそれぞれ最大で10件追加できます。

ポイントは以下の3つです。

・サービスの内容がわかる

・ポートフォリオに掲載できるレベルのもの

・検索順位に影響を与えるため、10件追加する

1枚目のクオリティが非常に大事です。

なぜなら、他の出品者のサービスと比較されるからです。

この中で、まず購入者の目に止まるものでないとダメです。

繰り返しになりますが、1枚目のクオリティは特に意識しましょう。

ココナラは、サービス内容画像の充実度によってスコアをつけていて、それが検索順位に影響を与えます。

10件追加することで、上位表示されやすくなるので、絶対に追加しましょう。

見積り・カスタマイズの受付

見積り・カスタマイズの受付は、受け付けるにチェックを入れましょう。

必須設定にはチェックは入れないでください。

【受け付けるメリット】

・気軽に連絡をもらいやすい(いきなり購入はハードルが高いと感じる購入者もいる)

・事前にやり取りをすることで、購入につながりやすい

・トラブルを避けることができる

評価の表示

評価の表示は、チェックを入れない方がいいです。

なぜなら、匿名で評価できるようにしてしまうと、悪い評価をつけやすくなるからです。

とも

ココナラは「評価」が非常に大事です!

ビデオチャット

ビデオチャットは、念のためチェックを入れておいた方が安心です。

実際にビデオチャットでの打ち合わせは少ないですが、一定数需要はあります。

とも

負担に感じるならチェックを入れなくても大丈夫ですよ!

下書きで保存・公開

まだすべての記入が終わっていない場合は、「下書きで保存する」

すぐに公開したい場合は、「公開する」をクリックしましょう。

とも

お疲れ様でした!
以上で無事出品作業は終わりです!

余裕があれば追加

トークルーム回答例(サンプル)

トークルーム回答例では、実際に購入後のやり取りの雰囲気をつかむためのものとなります。

余裕があれば追加してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ココナラの出品方法」について解説しました。

【まとめ】

・サービス出品方法はカテゴリごとに項目が異なる

・購入者をイメージして伝わるように書く

・設定項目は多いが、下書き機能があるため一度にすべて記入する必要はない

ぜひ本記事を参考にしながら、出品してみてください!

最後まで見ていただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次