【テンプレあり】ココナラでの「プロフィールの書き方」を詳しく解説します

プロフィールの書き方をテンプレ付き解説

こんにちは、ともです。

「ココナラに登録してみたけど、プロフィールって何を書いたらいいの…」とお困りではないですか?

今回はココナラでのプロフィールの書き方をわかりやすく解説していきます。

とも

\この記事がおすすめの人/
・プロフィールの書き方がわからない人
・ココナラを始めたばかりの人
・サービスが全然売れない人

本記事を読めば、「どうしたら稼げるプロフィールが書けるか」がわかります!

目次

稼ぎたいならプロフィールは超重要

書き方の解説に行く前に、ココナラで稼いでいる人には次のような共通点があります。

プロフィールページがしっかり作り込まれている

得意分野がある

サービス内容がわかりやすい

なぜ最初にお伝えしたかというと、プロフィールの書き方の参考になるからです。

プロフィールが重要な理由3つ

信頼度が上がる

例えば、次の2つを比べてみてください。

とも

【とも】
実務経験5年のWEBデザイナー
ホームページ・LPが制作可能
女性向けのデザインが得意
大手企業のLP制作経験あり

【ただの山好き】
WEBデザイナー
なんでも制作できます
本業の合間にやっています

どちらの方が信頼できそうでしょうか?

同じWEBデザイナーですが見え方が全然違いますよね。

このようにプロフィールに何を書くかによって、信頼度が変わってきます。

表示順位が上がる

ココナラ公式サイトによると、

・「サービス情報の充実度」

「プロフィール情報の充実度」

・「販売実績、購入後の満足度」

これらを基準として、おすすめ順を決めているとのことです。

「プロフィール情報を充実させること」上位表示させるために必須と言えます。

単価が変わる

駆け出しのWEBデザイナーですが、一生懸命頑張ります!

実務経験がない頃はこう書きたくなってしまう気持ちもわかります。

ただ、購入者側からすると、わざわざお金を払って「駆け出しの人」にお願いするとはならないですよね。

プロフィールの書き方で「単価が変わる」と言っても過言ではありません。

ココナラのプロフィールの書き方【テンプレあり】

それではプロフィールの書き方について解説していきます。

【ココナラトップページ】

【プロフィールページ】

【プロフィールページの編集方法】

・ココナラにログイン後、トップページ右上のアイコンをクリック

・プロフィールページに移動

・この画面から編集可能

それでは次から「設定が必須の項目」について解説していきます。

とも

稼げるプロフィールを目指しましょう!

画像

画像の設定は次の2箇所です。

①カバー画像

②プロフィール画像

①カバー画像(推奨サイズ:1280✖️420px)

カバー画像を設定していても、イマイチだとそれだけで選択肢から外れてしまいます。

・サービスの内容に合っているか

・自分の雰囲気と合っているか

・プロフィール画像と被っていないか

もし悩んでいる場合は、自分のサービスと同じカテゴリの出品者がどんなカバー画像にしているか参考にしてみてください。

②プロフィール画像(推奨サイズ:182✖️182px以上の正方形)

プロフィール画像はココナラでの自分の顔です。これで第一印象が決まります。

・「顔写真」

・「プロに書いてもらった似顔絵」

このどちらかが鉄板です。

逆に、風景や自分のプライベート感満載の写真は避けてください。

とも

信頼度に関わるので、しっかりしたものに設定しましょう!
ココナラ登録時にもらったクーポンで、プロにお願いしてみるのもありです!

基本情報

基本情報は、「基本情報を編集する」をクリックします。

項目は以下の7つです。

・プロフィール画像

・名義の区分

・職業(重要)

・年齢層

・性別

・居住エリア

・業務領域(超重要)

プロフィール画像

先ほど解説したので省略します。

名義の区分

「個人」か「法人」かを選択します。

職業(重要)

「何をしている人か」

→「WEBライター」「カウンセラー」「占い師」など

「どんなサービスを提供しているか」

→「バナー制作」「SNS運用」「起業コンサル」など

購入者に伝わるように書きます。

パッと目を引くキャッチコピーを入れられる人は書いてみてもいいですね。ただ、長くなりすぎないように気をつけてください。

年齢層

公開するか選択できます。非公開でも問題ありません。

性別

性別は変更できません。登録時のままです。

居住エリア

47都道府県選択できます。選択しなければ非公開になります。

業務領域(超重要)

業務領域は、「最大で10個」選択可能です。

なぜ超重要なのかというと、出品者検索の際の基準になるからです。

最大数の10個を選択すると、その分見つけてもらいやすくなります。

ちなみに僕の場合は、以下の10個を選択しています。

・チラシデザイン

・カタログパンフレットデザイン

・ホームページ作成

・LP制作

・バナー作成

・ヘッダー作成

・Web素材全般の作成

・Webサイトデザイン

・集客、SNSマーケティング

・その他集客、広告運用

自分のサービスの内容に近い項目を選択してください。

ホーム【テンプレあり】

ここで設定するのは以下の3つです。

・ユーザー名

・スケジュール

・自己紹介文

ユーザー名

ユーザー名は相手が覚えやすいものにしましょう。さらに、自分のサービスにつながるものだといいです。

・アルファベットの羅列はNG

・長すぎるのもNG

スケジュール

スケジュールで気を付けるポイントは、2つです。

・対応時間が短すぎるのはNG

・いつでも対応できるのもNG

もし副業でココナラをやっている人は注意です。もちろん本業がある旨は記載しても問題ありません。

「対応可能時間が2〜3時間」しかないと、連絡が取れないんじゃないかと思われてしまいます。

とも

なかなか返信がないと不安になりますよね。

逆に、「いつでも対応可能」としてしまうと、忙しくないんだなと思われてしまいます。

ある程度限定した方が効果的です。

【スケジュールのテンプレ】

平日は〇〇時〜〇〇時メインで活動しております。

本業の関係でご連絡が遅くなってしまう場合がございます。(本業がある場合)

土日祝は空き時間に稼働しております。

なるべくお客様のご都合に合わせます。

自己紹介文

自己紹介文は以下の2つです。

・キャッチフレーズ

・本文

【キャッチフレーズ】

50文字以内で自分のサービスの特徴を端的に伝える必要があります。

伝えたいことがありすぎて長くなってしまうよりも、20〜30文字で伝えるように意識しましょう。

「例」

・高品質でおしゃれなホームページ制作します!

・カウンセラー歴10年の私があなたの悩み解決します!

・チラシ、パンフレット、名刺のデザインが得意です!

【本文】

1000字以内ですが、ここでも相手にわかりやすく伝えることを意識しましょう。

「ポイント」

・自分のサービスがどんな人におすすめか記載する

・誰が提供しているのか

・どんなサービスを提供しているのか

・それを購入するとお客様はどうなれるのか(ベネフィット)

【自己紹介文テンプレ】

「こんな方におすすめ」

→ターゲットになる人を3〜5パターン(自分のことを言っていると思ってもらえるように)

「自分の紹介」

→経歴や肩書きを載せる。自慢になりすぎないように注意。なぜ今の仕事をするようになったかも記載できたらする。

「サービスの紹介」

→自分のサービスの具体的な内容を記載する。他の出品者との違いを明確にする。

「購入したお客様の未来」

→自分のサービスを購入することによって、お客様がこうなれますよと未来を想像させる。

テンプレはあくまでも一例ですので、追記したい内容があれば入れてみましょう。

とも

とにかく相手に伝わるようにわかりやすく書きましょう!

スキル/経歴

スキル/経歴は、どんなことができて、何が得意なのかアピールすることができます。

得意分野【2件まで】

どんなサービスを提供していて、どんなことが得意かを積極的にアピールしましょう!

スキル/ツール【20件まで】

どんなスキルを持っていて、ツールは何を使用しているのか登録しましょう。

例)WEBデザイナー

・Photoshop

・Illustrator

・XD

・WordPress

・WIX

・ペライチ

全く使えないツールを登録するのはNGです。

とも

トラブルの元になってしまいます。

資格【20件まで】

保有資格があれば積極的に登録しましょう。

経歴【20件まで】

自分が何をやってきたのかアピールするチャンスです。

フリーランスで何をしてきたかも登録できます。

受賞歴/執筆歴/講演歴【20件まで】

自分のサービスに少しでも関係がありそうなものは登録しましょう。

ポートフォリオ(超重要)

ポートフォリオはプロフィールページの中でも超重要です。

ここの作品のクオリティを見て、お願いするかどうか判断されます。200件まで登録可能です。

ポートフォリオに関しては別の記事で詳しく解説しています。

料金プラン

後述の出品サービスの概要のような位置付けです。料金のズレがないように注意しましょう。

出品サービス(超重要)

出品サービスは超重要なので、以下の記事で詳しく解説しています。

ブログ

ココナラ内で自由にブログを投稿できます。

【有効な使い方】

・サービスの告知

・キャンペーンの紹介

・コンテンツの紹介

・プライベートの記事を載せて人柄アピール

僕もブログを投稿してみたのですが、意外と見てもらえます。反応があると純粋に嬉しかったです。

さらに、ブログを投稿した次の日に問い合わせ見積りが来ることが多かったです。

おすすめ順に影響を与えている可能性が高いので、積極的にブログを書いてみてください!

とも

「100文字程度の日記」みたいなブログでも反応はありました!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ココナラのプロフィールの書き方」について解説しました。

【まとめ】

・プロフィールページは超重要

・書き方次第で稼げるかどうかが決まる

・とにかく相手に伝わるように、わかりやすく書く

最後まで見ていただきありがとうございました!

本記事を参考に、稼げるプロフィールを書いてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次